【投資のススメ】「投資」をして『収入増加』しよう!会社の給料だけではお金持ちにはなれない!

お金を稼ぐ

『こーだい・のりこ@20代共働き夫婦の今から始める資産形成』夫のこーだいです。

 

お金が貯まりやすい家計を作るため、金持ち体質へ作り変えていきましょう。

今回は、消費・浪費・投資のうちのひとつ『投資』について書いていきます。

ステップ:「現状把握」→「支出削減」→『収入増加』

投資をしよう!

「投資」の意味を正しく知ろう! 〜投資と投機の違い〜

「投資」の意味を正しく知りましょう。

まず、よくある誤解として、投資と投機の混同があります。

「投資するとある日一瞬でお金が無くなるんでしょ?」

「投資は怖い。借金を作りたくない。」

といった誤解は、この投資と投機の混同から来ているものと考えます。

 

厳密な言葉の意味を確認するため、辞書でひいてみました。

とうし投資利益を得る目的で、資金を証券事業などに投下すること。
とうき投機偶然の利益をねらって行う行為。

「投資」とは、利益を得るために資金を投下する行為であり、

「投機」とは、ただのギャンブル行為です。

あなたにもできる投資は、家計に眠っている余剰金を利益を得るために正しい場所へ投下することです。

投資の種類

投資には以下の2種類があります。

自己投資・・・自分の成長に投資すること。少額資本。身に付けたスキルは使っても減らない。
外部投資・・・他人の成長に投資すること。高額資本。元本が割れる可能性がある。

自己投資

自己投資は、自分の成長に投資することです。

<具体例>
勉強全般(資格取得など)
本を読む
筋トレ
交友関係を広げる
ブログを書く

これらは1回の投資当たり1万円以下と比較的少額資本で始められます。

また、身につけたスキル・知識は使って減るものではなく、自分で稼ぐ力の源泉となります。

外部投資

外部投資は、他人の成長に投資することです。

<具体例>
株式投資
投資信託
不動産投資
など

これらは1回の投資当たり10万円以上と比較的高額資本が必要となります。

他人の成長に投資するため、期待通りのリターンが得られるかは未知数です。

ただし、他人の力を駆使してお金を増やすため、

自分の時間を失うことなくお金を増やす仕組みを手に入れることができます。

自己投資は0から1、外部投資は1から100を作る

自己投資は、労働お金に変える力を養う方法です。

外部投資は、お金さらなるお金に増やす方法です。

つまり、自己投資は0から1を作る方法、外部投資は1から100を作る方法です。

 

お金を増やす基本的なサイクルはこちらです。

1.初めは自分で稼ぐ力を養い、生活できるだけの資金を稼ぐ。(自己投資)

2.自分の稼ぐ力を高め、余剰資金を貯める。(自己投資)

3.余剰資金を外部投資に回し、他人の稼ぐ力も借りながらお金を増やす。(外部投資)

 

いきなり外部投資で稼ごうなどとは決して考えてはいけません。

なぜなら、自分にお金を稼ぐ実力がないと、元本割れした際の取り返しがきかないからです。

 

初めは自己投資にお金を使い、余剰資金が貯められるだけの実力をつけましょう。

その後、自分が貯めた余剰資金から外部投資に回しましょう。

まとめ

「投資」は「植物を育てること」に似ています。

最初は1つのタネですが、水やりを続けていくと、いずれ芽が出ます。

その芽はぐんぐんと成長し、立派な植物へ成長し、やがて実をつけます。

その実は次なるタネとなってあなたの元へ帰ってきます。

 

まずは、自己投資をして自分のお金を稼ぐ力を養いましょう。

自分のお金を稼ぐ力で余剰資金が貯まり始めたら、次のステップ。

外部投資で他人の力を借りながら、お金が貯まる速度を加速させていきましょう!

 

twitterでもつぶやいています。フォローお願いします。

夫:こーだい妻:のりこの20代共働き夫婦/新婚別居/子無し/海外駐在/夫:ベトナム 妻:日本/20代からはじめる資産形成/インデックス投資/MSCI KOKUSAI/マネーリテラシ一1年生

 

コメント