【TECL】Direxionデイリーテック株ブル3倍ETFを90口購入しました。

ETF

こんにちは、夫のこーだい@kodai_norikoです。

コロナショックで相場が暴落している今が資産増加のチャンスだと思い、TECLを購入しました。

購入までの経緯

3月9日 40口購入

TECLは2月最終週金曜に180USDを割ってから3月第1週水曜にかけてあっさりと250USD付近へ上がりました。

この時、発生源である中国の感染はピークアウトしたとの噂が聞こえていたので、株価は底を打ち上昇していくだろうと考えました。

暴落と騒がれる中でも250USDまでサクッと戻した印象が強かったので、「200USD近辺は買い」という意識が働き、3月6日に220USDで指値で40口注文を入れました。

口数は円建てで100万円を目処に決めました。

3月10日 50口購入

3月9日時点では、「(コロナショックによる暴落は終わったと判断し)今後は200USD以下に下がる事はない」と考えていたため、198USDで40口分購入できたことを喜んでいました。

ただ、もしも今後も値下がりがあった時のため、200USDから20%減の160USDの指値で50口注文を入れました。

次の日早速指値が刺さり、157USDで50口購入しました。

予想に反し、株価はさらなる下落へ・・・

160USDまで下がったことが予想外だったので、12日から14日に120USD近辺まで下がったタイミングは拾うことができませんでした。

スケベ心で100USDに指値を入れていたのですが、40%下落付近での待ちは欲張りすぎたようで、指値が刺さる事はありませんでした。

現行価格で成り行き注文することも考えましたが、想定外の下げだったため心の整理が追い付かず、発注ボタンを押す手が止まってしまいました。

こういう時にマイルールを持っていれば、投資判断に迷わず機械的に買い増しができるのでいいですね。

まとめ

2020年3月14日時点

2020年3月14日現在、TECLは値を戻し、156USDとなっています。対して、自分の取得単価は176USDとなっており、−1,744USD(約18万円)の含み損を抱えています。

暴落の終息が待ち遠しいですが、今はコロナウイルスのパンデミックが終息し、外出自粛による重苦しい雰囲気がはれた活気ある生活に戻れることを望んでいます。

コメント