投資信託購入時の発注・約定・受渡

取り組み

『こーだい・のりこ@20代共働き夫婦の今から始める資産形成』夫のこーだいです。

投資信託の購入を始めましたが、早速つまづいたので学んだことを記録しておきます。

※記事の内容においては正確を記すようにしておりますが、独学なので誤りがある可能性があります。怪しい箇所はTwitter上でご指摘いただけると幸いです。

発注日

株式の売買注文を出した日申込日とも近いが、発注は非営業日でも出せるが、申し込みは営業日にならないと受理されない点に違いがある。

発注が営業日の場合、発注日=申込日
発注が非営業日の場合、発注日≠申込日 この場合、申込日は次回営業日

SBI証券は積立投信設定時に「積立コース」を選択することができ、毎日・毎週・毎月購入などお好きな買付頻度で申込日を設定することが出来ます。私たちは、この積立コースを使い、時間分散した積立を行なっています。

約定日

株式の売買注文が成立した日。基準価額(投資信託の値段)は約定日に決定。

受渡日

売買の決済をする日。私たちが利用しているSBI証券では、売買が成立した場合、約定日から起算して4営業日目が受渡日となるようです。

具体例:2019年1月12日に発注した場合

2019年1月12日に発注
2019年1月19日に約定
購入手続きの具体例

【出典】
SBI証券>よくあるご質問 Q&Aより
・積立投信設定時の「積立コース」とは何ですか?
・投資信託はいつの基準価額をもって約定されますか?
・株式の約定日と受渡日とは何ですか?

コメント